シンガポール政府の航空業界への財政支援

シンガポール政府は、COVID-19に対しての財政支援の一環として、S$750millionをシンガポールの航空業界に支援することとなるようですね。

S$750millionの支援金のうちS$400millionは、航空業界の就業者jobs schemeに当てられ、月給の最初のS$4,600までの最大75%が支払われる予定。

また残りの支援金に関しては、国内の航空会社への支援に当てられ、これらは海外在住のシンガポール人が帰国するために最低限必要な運航を継続させる為、加えて生活必需品の物流を保持するために役立たれる。

現在のところ、シンガポール航空では、運航可能な上限の96%がカットされ、147機の保有機のうち183機が地上に留め置かれている。

また、LCCScootでは、49箇所の運行路線が一時的に運航停止になっており、49機の保有機のうち2機を除いた飛行機が停留されているらしい。

スポット1Circuit Breakerモードです。