GOLCY SHOP

記事83 PR(永住権)の申請で担当者に賄賂 4週間の実刑に

シンガポール

シンガポールの永住権(PR)の申請を迅速に処理するため、当時の入国管理局(ICA)のカスタマーサービス担当者に1,500ドルの賄賂を渡したマレーシア人女性(現在PR)が4週間投獄されました。
 
裁判所の文書によると、女性は妊娠していることが判明した後、PRを取得しようと急いでいました。
彼女は子供が生まれてから1年間は仕事をやめるつもりでしたが、失業しているとPRステータスを申請できないことを知っていたからです。
 
 2017年7月、マレーシア人女性は、Immigration Solutions(Singapore)が提供する移民コンサルタントサービスについて問い合わせし、PRの代行手数料が5,000ドルの手数料でPRステータスを申請できると聞きました。女性は、手数料が高すぎると感じたため、会社のサービスを契約しませんでしたが、後に問い合わせ時のセール担当者に連絡し、個人的な立場で女性のPR申請に協力してほしいと頼みました。
セール担当者は、ICAで働いているPRアプリケーションに精通しているいとこがいると話し、彼女のいとこが1,500ドルの料金でマレーシア人女性の申請を迅速化するのに役立つ可能性があると話しました。
その後担当者の女性は、当時ICAでカスタマーサービス担当者として働いていたいとこではなく実際は自分の母親の連絡先をに渡しました。
 
その後、母親は女性の申請を支援し、合計でS$1,500を受け取り、女性は2018年11月9日に最終的にPRステータスを付与されました。
 
通常、女性の罪状では、最大5年間投獄され、最高で10万ドルの罰金を科される可能性がありました。
 
ICAは以前の声明で、母親は顧客サービス担当者としての女性のPR申請の処理には関与しておらず、彼女は2018年12月19日以降、職を解かれていると述べています。
現在、母親とセールス担当者だった娘は、賄賂を受け取るために共謀した罪で起訴され、なお係争中です。