記事58 チャンギ空港ロッテ免税店が DFSより

シンガポール

韓国の旅行小売業者であるロッテ免税店がチャンギ空港で酒とタバコの譲歩を引き継ぎ、1981年のDFSグループ以来、新しいオペレーターとして開始します。

チャンギ空港グループ(CAG)によると、チャンギ空港グループ(CAG)は、火曜日(6月9日)にメディアリリースで、チャンギ空港のロッテ店の改修工事は段階的に行われると述べた。

尚ロッテ免税店の契約期間は6年間、チャンギ空港内にある18店舗で展開予定。

CAGによると、サーキットブレーカーの対策が解除されたら、ターミナル1と3の到着と出発のウィングにある最初の5つのショップの改修工事が始まるとのことです。

CAGによると、ロッテは最終的に、特別および限定版のウイスキーとコニャック、限定ラベル、シンガポールと韓国のブランドを強調した専用コレクションを含む、3,000を超える免税および免税のワインとスピリッツを提供する予定です。 。

CAGは、ロッテの実店舗の開店予定日を明らかにしていません。

ただし、CAGによれば、出店に先立ち、チャンギ空港の免税電子商取引プラットフォームであるiShopChangi.comでロッテから商品を購入できます。

参照元

https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/lotte-duty-free-liquor-tobacco-stores-changi-airport-dfs-12818670

スポット1Circuit Breakerモードです。