GOLCY SHOP

記事50韓国人のNTUの学生がサーキットブレーカー中、ホーカーの経営に苦労するお父さんのビジネスをfacebookを使って復活させる

シンガポール

10年前に韓国からシンガポールに引っ越したとき、現在52歳のSuh Chin Wonは英語や中国語ができなくても務まる仕事を探していました。 元ソウルの印刷会社のロジスティクスマネージャーであった彼は、当時シンガポールに母子留学していた家族と一緒に暮らすために引っ越してきました。 彼の妻は、子供たちに三ヶ国語で教育を受けさせるために、娘のChela Suh(22歳)と息子のLino Suh(25歳)を連れて母子留学をしていました。ここに移動するために莫大な費用がかかりましたが、私たちは離れていることに耐えることができなかったので、父もシンガポールに移住することになったとChelaは述べました。
 
Chekb氏が最初にはじめて現在も続いている仕事は、ホーカーで韓国ストールに落ち着きました。 彼はTiong Bahruのフードコートから出発して、Yew Teeの別の屋台に移動し、最後にMarsilingに移動しました。  「ここには韓国料理がまったくなかったので、マーシリングを選びました」とChelaは説明します。
彼女のお父さんは仕事のために午前5時に起床し毎日午後8時30分まで屋台で働いてています。当時父が自分にできることの中でホーカーでの仕事を選んだのは最高のアイディアだったと思います。 私たちは一緒にレシピを考え出しましたとChelaは語っています。
父は、既成のソースを使わず、自家製のこだわりのソースを使って調理しています。
10年前にホーカーを始めたときは、決して美味しいとは言えませんでしたが、たくさんの工夫をして今は自慢のレシピで皆さんに食事を提供させていただいています。
ただ、今だに父は語学が得意ではないので、私と弟で伝っています。
 
Covid-19の感染が広まり、父のお店の収入は大幅に減少しました。私はいつも彼がため息をつき、とても悲しそうに見えるのを見て、父をどうしたら助けることができるのか考えました。
そして、彼女の友人の叔母さんからホーカーズユナイテッド-ダバオ2020と呼ばれる人気のある非営利のFacebookグループについて話を聞きました。 そのグループにはF&Bオーナーと顧客の両方を含む267,000人以上のメンバーがいます。 Chelaが父親の屋台について投稿した後、彼のお店の情報はすぐに広まりました。毎日の売り上げは1日あたり60から70注文になり、現在は約240注文になりました。
父は、最初は驚き忙しさに忙殺され体重が6kg減りましたが、今では慣れて充実して働いています。
Chelaは、”私も弟もサーキットブレーカーで休校のため、父を手伝うことができます”と笑ってこたえてくれました。
参照元