記事40 サーキットブレーカー終了後 3段階に分けた市場の開放について

シンガポール

シンガポール政府は、5月19日(火)に6月2日以降の3つのフェーズ(段階)に分かれた段階的な緩和の詳細について発表しました。
しかし、地域社会でコロナウイルスの症例が増加した場合など、状態が変化した場合は、さらに修正される可能性があります。
ガンキムヨン保健相は、サーキットブレーカーの終了後、感染のリスクが高くない経済活動から順に再開していくだろうが、
COVID-19の状況が制御下にある場合にのみ、各フェーズごとに多くの経済活動が再開できるようになり、またすべての生徒が学校に戻ることができ、
外食することができるようになると語った。
フェーズ1では、多くのショップは閉鎖されたままとなり、飲食店はこの期間中は引き続き持ち帰りサービスとデリバリーのみ提供できます。
また、ガン氏は、コミュニティの感染率が低く、状況が今後数週間にわたってコントロールできている場合は、次のフェーズ2に移行し、
徐々に活動を再開することができますと述べた。しかし、それにはさらに2段階の潜伏期間を観察する必要があります。各潜伏期間は14日間です。
したがって、追加の緩和について考える前に、最低でもこれには4週間かかる可能性があります。
現在のコミュニティのケースは、最近1桁に減少しましたが、6月2日以降の各活動の再開により増加すると予想されます。
シンガポールがフェーズ2に移行する前に、寮の外国人労働者の感染状況も制御下に置く必要があると述べています。

3つのフェーズ(段階)

by Straight Times

第一フェーズにオープンできる業種
https://www.moh.gov.sg/docs/librariesprovider5/default-document-library/annex-a05667c7d43454b05b072239ceb582db1.pdf
https://covid.gobusiness.gov.sg/guides/permittedserviceslist.pdf

フェーズ2の開放は段階的に行われる模様である。
安全な管理措置を講じられた上で、飲食店の飲食店、ジム、フィットネススタジオ、エンリッチメントセンターを始めとするより多くの企業が
営業を再開することができます。
ただし、雇用主は、在宅勤務が可能な場合は引き続きできる限りリモートワークを継続する必要があります。
フェーズ2では、状況に応じてすべての生徒が完全に学校に戻り、高等教育機関が対面学習のためにキャンパスに戻れる生徒の数を増やすことを
目指していると保健省は述べています。
この段階では、スポーツ、レクリエーション、屋外の施設も再開し始めます。ただし、施設のスタッフとユーザーの両方が安全に管理されていることが条件です。

Chan Chun Sing貿易産業大臣は、6月2日のフェーズ1の再開に含まれていない企業も、その後の再開に向けて積極的に準備する必要があり、
安全に事業を再開するために追加の対策を講じる必要がある人もいれば、COVID-19以前の活動にもどれる可能性が低いために、
新しいビジネスモデルが必要になる人もいると述べています。

またはフェーズ3では、New Normal「新しい正常状態」(COVID-19の効果的なワクチンまたは治療法が開発されるまで残ると予想される状態)に到達するまで、
措置を徐々に緩和し続けます。ガン氏は、この段階に到達するには複数のステップと数か月以上から半年、状況によってはさらに長引く可能性があると語った。

参照元

https://www.straitstimes.com/singapore/singapores-covid-19-circuit-breaker-ends-on-june-1-economy-to-reopen-in-three-phases

 

https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/transition-to-a-new-normal-after-circuit-breaker-phase-1-2-3-12749518

スポット1Circuit Breakerモードです。