記事63フェーズ2の活動に関する機密情報を漏洩した疑いで公務員が逮捕

シンガポール
 
警察は、6/12(金)に、サーキットブレーカー後の計画に関する情報がWhatsAppメッセージを介して一般の人々に広まったという報告を受け、 50歳の公務員(シンガポール人)男性を公式秘密法のセクション5(1)に基づく情報の不正な漏洩の罪で6/13(土)に逮捕しました。
 
男性は、正式にリリースされる前にシンガポール経済を再開するフェーズ2の活動再開に関する機密情報を公に漏らしたとされる容疑で逮捕されたとのことです。
 
警察は、政府は機密情報の不正な通信による漏洩について深刻に考えており、そのような行為を行なって者については、誰であってもしっかりと対処すると述べた。
 
情報の不正な通信の違反には、最大で2,000ドルの罰金と2年以下の懲役が課せられます。
 
スポット1Circuit Breakerモードです。