シンガポールは、安全策を講じた上での他国間の移動制限の緩和について他の国と協議中

シンガポール
ローレンス・ウォン国防相は5/15火曜日、国境を再開する方法についての議論が進行中だとし、出発前と到着時のCOVID-19テストなどの十分な予防措置があれば、そのような安全対策を講じる準備ができている国や地域と二国間で協力する準備ができていると述べた。  
 
ただし、限定された方法で開放する場合でも、安全性を確実にするために十分に考慮しなければならない複数の要因があることを付け加えた。
 
 シンガポールは3/22に輸入されたケースのCOVID-19のリスクの高まりを考慮して、短期滞在者が国に入国したり通過したりすることを禁止すると発表して以来、現在輸入されたケースの数はほぼゼロになっている。
 
 ガン・キム・ヨン保健相は、地域社会での感染ケースも減っているが、シンガポールはサーキットブレーカーが緩和されても警戒を続ける必要があると警告している。
 
引用元
 
 
スポット1Circuit Breakerモードです。